歯磨き粉の量は少なめがポイント?

歯磨き粉というのは、たっぷりつけたほうが効果的だと思われている方も多いと思います。
しかし、実はそうでもありません。

確かに、歯ブラシの端から端まで歯磨き粉をたっぷりとつけている公告などを見かけることもありますよね。
しかし、実はそんな必要はまったくありません。

歯磨き剤を中性洗剤だとイメージしてみると分かるのですが、洗濯機に洗剤を大量に入れたりしませんよね?
必要なだけ使用しますよね。

それと同じように口腔を清潔に保つためには、歯ブラシ全体に歯磨き剤をつける必要はないのです。
適量というのは小豆1粒大です。

これ以上をつけても、とくに意味がありませんよ。
泡立つばかりで、むしろ歯磨きの効率が悪くなってしまうこともあるんですよ。

【Pick Up・首都圏で人気の歯科医院】http://www.sennincho-dc.com/
                                                http://www.hearts-yachiyo.jp/
                                                http://www.hearts-soka.jp/

歯磨き粉のメリットはなに?

歯磨き粉のメリットというのはどのようなものがあるのでしょうか?
歯磨き粉の最大のメリットというのは、歯磨き粉に含まれているフッ素の働きになります。

フッ素というのは虫歯の予防効果が科学的にも証明されています。
日本で市販されている歯磨き粉にはある時を境にフッ素が含まれるようになりました。

この時期から歯医者で虫歯の治療をする方が劇的に減少している、というのもこのフッ素の効果であるといえます。
口の中は食事のたびに酸性に傾いていますので、歯の表面というのは少しずつ溶け出すようになるのです。

溶けた表面は、常に排出されている唾液に含まれているカルシウムが表面に付着することで再石灰化します。
そこで、フッ素が取り込まれると虫歯になりにくい歯を作ることが出来るようになるんですよ。
歯磨き指導の徹底した歯科クリニック:大阪市旭区の予防歯科中心の北欧型歯科 倉松歯科医院

指で歯磨きするのはどうなの?

塩や水、指で歯を磨いている人というのは非常に多いのですが、適切なのでしょうか?
実際に、このような歯磨きというのは正しい歯磨きの方法だといえます。

だ液への影響が少なく、指で歯茎のマッサージをすることで唾液が出やすくなります。
歯磨きで大切なことは、物理的清掃でもあるのですが、こするということが重要です。

歯磨き粉はあくまで補助的な役割であると考えて良いでしょう。
歯磨き粉は適量を使用すれば虫歯を予防することができます。

さらに口臭を抑制して歯に付着している汚れを上手く落とすことができるようになります。
そのため、歯磨きの効果をより高めるためには界面活性剤が含まれていない歯磨き粉を使用するというのもおすすめですよ。

そうすればより確実に歯に付着した汚れを除去できるようになりますよ。

【Pick Up・関西圏で人気の歯科医院】http://www.hahaha-hoshino.com/
                                                http://www.koendori-sika.com/
                                                http://www.yoshida-ortho.jp/
                                                http://www.nakai-dc.com/